寒い日はバルーンアートでお家時間で出来るコミュニケーション


バルーンアートのあそび&育児とは

お子さんの創造力を育成する親子遊び

 

風船のスカート「ふわふわモコモコで可愛いでしょう~」

ダウンジャケットみたいな感じで「暖かいよ~」

「モスグリーンのバルーンスカート作ったよ!」

そんな感じで、プチ自慢してみては!!

作ったバルーンアートで家族同士、会話もできますね!

もちろん、初めから高度な作品を作ることは難しいので簡単な作品から始めます。

そんな時は「雪だるまから始めてみよう~」

「初心者でも簡単なバルーンアートなら作ることができますよ」

と言われても、「本当にできるの?」と疑問を抱いてしまいますよね。

しかし、レッスンを受けてもらえば、人に見せられる素敵なバルーンアートを確実に作れるようになります。

バルーンアート作品を作っていく過程で、まずデザインを考えてから作品を作り始めます。

この「考えながら作る」という工程が発想力を伸ばしていきます。

想像から始まりバルーンアートで自分自身の理想の形になる様に作ります。

絶対に作れないと思うような難しい作品でも続けることで、必ずできるようになります。

今まで作ったことがないバルーンアート作品を完成させて、お子さんや周りの人をビックリさせませんか。

お子さんと「バルーンアートあそび」で、親子のコミュニケーションがとれます。

親子で遊ぶ時に日常のおしゃべりでも心がけるコツがあります。

お子様にいつもは『●●しなさい』となぜか上からの命令口調となってしまいがちなのですが、親子と共に遊ぶ時は対等な立場で話してみましょう。

そうすると、保育園などでお友達と話すような普段とは違う話が知れることもあります。

また、こどもの好むバルーンアートに加え、『ママはこのバルーンアートが好きなんだ』と、まるで友達に発言するように会話してみるのも良いですね。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

Facebook夢くらふと協会

簡単1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ