静岡県からのシニア受講生はジョブタイトルとしてバルーンアート資格取得


定年後の楽しみはバルーンアート

バルーン活動の時にステータスや肩書は必要

 

今月、受講されたシニアの方は、すでに静岡県でバルーンアートの活動をされています。

定年退職後に趣味として始め、地域の保育園などでキャラクターのバルーンアートなども披露しています。

今後も活動をする際に、バルーンアートの資格取得があった方が、自己紹介をする時にも優良という事で、今月、受講されました。

子供会や幼稚園でも風船アートは大人気です。

バルーンアートがあれば、園児はもちろんのこと、先生方や親御さんも歓声をあげて喜ぶ顔を見るのが何よりうれしい。

と受講生はお話をされていました。

バルーンアートは、仕事の一線から退いてからの生きがいづくりにもいいかもしれませんね!

指先を使うバルーンアート&夢くらふとを作り、認知症予防にも役立て頂きたいです。

地元の静岡県で更なる、活動を期待しています。

「バルーンアート資格講座」を東京で毎月行っており、たくさんの方に喜んでいただいています。

資格取得の難易度もそれほど高くはありません。

講座にご参加いただくことで、風船アートのテクニックを磨くだけでなく、イベントの演出方法や、人材育成の方法など色々なことを習得することが可能です。

また、バルーンアートによってエコ活動をすることもできます。

バルーンアーティストとして活躍しつつ、夢くらふとのリサイクル活動に参加することが可能ですから、色々な人と助け合うことができるんです。

風船アートによって、リサイクルをしつつ多くの人に幸せになってもらうことができるのですから、とっても充実したお仕事なんです。

これからの人生も子供たちの笑顔に囲まれて、一層楽しいものになりますね。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ