ブラック系のハロウィン装飾はお洒落なセンスの大人モダン


洗練された独創的なバルーン装飾


メインのカラーはブラックとオレンジ

 

今年は、インテリアとして、アバンギャルドなハロウィン飾りを楽しもう~

ハロウィンはキリスト今日の祝日「万聖節」の前夜祭に行われるお祭りです。

ハロウィンは先祖の霊を迎えて、悪霊を追い払うお祭りです。

ハロウィンは10月31日だと日本では定着しています。

しかし、正確なハロウィンの時期は10月31日~11月2日です。

キリスト教は、この期間でこの世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行います。

■ハロウィンの起源と由来は?

ハロウィンの起源は、古代ケルト民族が行っていた「サウィン祭」だと言われています。

古代ケルトでは、11月1日が新年で、10月31日が大晦日でした。

ケルトの人々は、大晦日の夜に先祖の霊が家族に会いに来ると、信じていました。

しかし、ケルトの人々は、大晦日に悪霊や魔物もこの世に来ると考えていました。

そのため、ケルトの人々は、魔物から身を守るために自ら魔物の姿となります。

人々は、仮装で悪霊から自分を守ったとされています。

ケルトの人々の習慣は、やがてキリスト教の人々にも伝わりました。

現代のハロウィンは、大人や子供が仮装して楽しむイベントとなっています。

■なぜハロウィンに仮装するの?

ハロウィンの時は先祖の霊と悪霊が来ます。

悪霊は、人間たちに悪運をもたらします。

そのため、人々は魔女やゴースト、ゾンビ、ドラキュラなど恐ろしい怪物に仮装します。

人々は仮装をして、悪霊を追い払います。

日本のハロウィンイベントは、仮装パレードやコンテストが行われます。

人々は、パレードやコンテストで、個性豊かな仮装を楽しむことができます。

コスプレでハロウィンイベントに参加してみてはいかがでしょうか!

 

バルーンアート夢くらふと協会 HP

一日(6時間)でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ