ブラック系のハロウィン装飾はお洒落なセンスの大人モダン


洗練された独創的なバルーン装飾


メインのカラーはブラックとオレンジ

 

今年は、インテリアとして、アバンギャルドなハロウィン飾りを楽しもう~

ハロウィンはキリスト今日の祝日「万聖節」の前夜祭に行われるお祭りです。

ハロウィンは先祖の霊を迎えて、悪霊を追い払うお祭りです。

ハロウィンは10月31日だと日本では定着しています。

しかし、正確なハロウィンの時期は10月31日~11月2日です。

キリスト教は、この期間でこの世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行います。

■ハロウィンの起源と由来は?

ハロウィンの起源は、古代ケルト民族が行っていた「サウィン祭」だと言われています。

古代ケルトでは、11月1日が新年で、10月31日が大晦日でした。

ケルトの人々は、大晦日の夜に先祖の霊が家族に会いに来ると、信じていました。

しかし、ケルトの人々は、大晦日に悪霊や魔物もこの世に来ると考えていました。

そのため、ケルトの人々は、魔物から身を守るために自ら魔物の姿となります。

人々は、仮装で悪霊から自分を守ったとされています。

ケルトの人々の習慣は、やがてキリスト教の人々にも伝わりました。

現代のハロウィンは、大人や子供が仮装して楽しむイベントとなっています。

■なぜハロウィンに仮装するの?

ハロウィンの時は先祖の霊と悪霊が来ます。

悪霊は、人間たちに悪運をもたらします。

そのため、人々は魔女やゴースト、ゾンビ、ドラキュラなど恐ろしい怪物に仮装します。

人々は仮装をして、悪霊を追い払います。

日本のハロウィンイベントは、仮装パレードやコンテストが行われます。

人々は、パレードやコンテストで、個性豊かな仮装を楽しむことができます。

コスプレでハロウィンイベントに参加してみてはいかがでしょうか!

 

バルーンアート夢くらふと協会 HP

一日(6時間)でバルーンアート資格取得

キッズ バルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

ツイッターで最新情報を購読

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

全米5部門1位の洋書に掲載

人気動画1位 soeasy

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ