バルーンアートのリサイクル「夢くらふと」ってなに? 


バルーンアートのリメイク作品が登場

wmn0096-001

バルーンアートの二つのプラス

 

夢くらふとはバルーンを再利用して作った、エコなオリジナル雑貨です。

初めにバルーンをひねって、花とか作って、しぼんでしまったものがバルーンのゴミになります。

「このゴミ、何か使えないかなぁ~」

「一回しかひねって使ってないし、丈夫で色もキレイでもったいない!」

そこで!何かリサイクルできないか考えました。

ひらめいた!!

「バルーンを三つ編みにしてみよう~」

しかも、丈夫で伸びて輪ゴムとして使える!

コレ、日常生活の中で使えて実用的です!

私はカラフルゴムをヘアゴム、アームバンド、シューズバンド、お菓子袋を結ぶ、まとめるなど色々と使用しています。

夢くらふとをプレゼント

この前、子供にあげたら手や足にしてミサンガとして使っていました!

「ちょっと ビックリ!」

「子供は、オシャレ感覚で使っていました」

「友達にもあげるから、またちょーだい」だって……。

「子供は素直でかわいい~」

なぜ、バルーンを続けているのか?

子供達とすぐにお友達になれて、無邪気な笑顔のパワーをもらえるからです。

「バルーンアートをお祭りで見かけ40歳の手習いで始めて、バルーンアーティストになるって」

「予想も出来ない展開です!」

「いきなり、天から降りてきたアイディア?」

夢を与え続けなさいと言うミッションなのかもしれません。

バルーンアートのリサイクルゴムで環境問題にも役立ち、愉しく遊べる、一挙両得のバルーンアートをお試しください。

バルーンアート出演依頼 お問合せ

出張バルーン教室 講師派遣

出張バルーンショー 出演

【バルーンアート教室】

東京都 新宿区 渋谷区 港区 目黒区 世田谷区 千代田区 品川区 北区 中央区 文京区 板橋区 足立区 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ