8月バルーンアート資格講座 保育士さんの感想と作品


8月に保育園で行事があるため講座を受講

保育士さんの作品と感想です。

先日、無事に保育園の夕涼み会終わりました。

室内のレイアウトと、お土産のブレスレット、あと、親子で一緒にサーベル作りをしました。

先日のバルーンアート資格講習で、基礎を教えて頂いたおかげで、サーベル作りでは自信を持って前に立つことが出来ました。

ブレスレットは、2日かけて200個作り、子ども達にも大盛況でした。

未経験の飾り付けのレイアウトは、デザインはネットをお手本に作りました。

素人で、ぶっつけ本番な部分はありましたが、初めての試みでしたが、大成功かな? と自画自賛しております。

「クリスマス会でもやってみたいね」と職員同士話していました。

もっと色々な作品を作り、腕を磨いていきたいと思います。

今後も、様々な作品に挑戦し、保育の場や、行事等でも役立てていきたいと思います。

ありがとうございました、今後とも宜しくお願いします。

保育士さんのお仕事は、子どもが成長する過程に携わることができる、大変やりがいが大きい仕事だと思います。

「先生のクラスになれて良かった」園児からそう言われたり、保護者の方からそう感謝の気持ちを伝えられることもあるでしょう。

そんな言葉は、仕事を頑張る上で大きな励みになりますよね。

保育士さんにとって、園内の行事の企画は、考えるのが少し大変な作業ではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、バルーンアートです。

園児なら、初めてバルーンアートを見る子も多いでしょう。

そうだとしたら尚更、風船から作られる数々の可愛らしいアートは驚きの連続のはずです。

バルーンアートは作っているところを披露するだけではなく、簡単な作り方を教えることもできます。

園内の行事にバルーンアート教室を取り入れても楽しそうですね♪

自信を持ってバルーンアートの作り方をレクチャーしていけば、多くの園児は関心を持って楽しく取り組んでくれるはずです。

 
六時間で資格取得バルーンアート認定資格
 
子ども資格キッズバルーンアーティスト
 
バルーンアート出張サービス


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ