バルーンアートは幅広い年齢の人に愛される魔法の風船


バルーンのおとぎの国

 

世の中には色々な職業で溢れています

 

一般的なバルーンアートに対するイメージとは。

「イベントで少し見たことがある」方が一番多い層ではないでしょうか。

たくさんのバルーンに触れる前の方が、9割以上いるのでは?と考察しています。

またワークショップで「バルーンアート教室を見かけたことがある」もいらっしゃるのではないでしょうか?

自分の趣味として、作品を作り、ストレス発散に繋げている、という方のお話をお伺いしたことがあります。

思い切って【バルーンアーティストになろう!】と決意される方に、「どんなことが出来るのか?」を紹介していきますね。

1.バルーンアートはどんな人でも出来ます。

子どもの頃、思い描いた将来の夢を叶える人はごく僅かかもしれません。

ですが、「人を笑顔にしたい」「笑顔になってもらいたい」と願う人は多数いらっしゃいます。

夢くらふと協会のバルーンアーティストたちは、バルーンアートを通じ、自分の価値観や世界観が広がった方がたくさんいます。

また当協会では3才(未就学児童)からバルーンアーティストになれる講座を開講しています。

子供会や地域イベントなどでは、バルーンアーティストは、またたくまに人気者となります。

風船の魔法のハートスティック

チャイルドはまるで魔法の杖のようにみつめる!

 

愛ある作品を生み出すアーティストの指先を熱心な眼差しで見守っています。

もちろん老若男女・年齢性別を問わない、バルーンは、大人のお誕生日会や年配の人の集まりにも大活躍!

バルーンアートを目にしたときの、お客さんの目はとってもキラキラしています。

普段の生活では、なかなか交流の機会を持てない人も、風船さえあれば誰とでも簡単にお友達になれバルーンアートを作れます。

それは、バルーンアーティストの才能であり、魅力なのです。

 

バルーンアート夢くらふと協会 HP

女性におすすめ1日でバルーンアート資格取得

子ども資格 キッズバルーンアーティスト 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ