童心に返った気持ちで楽しめる風船バレーとバルーンアート


丸いバルーンを使うアクティビティ

車イスの方もできるリクリエーション

 

風船で夢中になって遊べることで、意図しなくとも集中力は高まります。

リハビリ・老化防止といって無理にせず取り組むことが何より大切です。

ハッピーで色鮮やかな風船たちには、人を笑顔にする期待できるリハビリ方法として、風船を取り入れてみてくださいね。

丸いバルーンを使用する簡単な風船バレー

■リハビリに最適な風船は?

リハビリを受ける人の様態に合わせて使い分けましょう。

次の3点を抑えておけば大丈夫!

明日からでもリクリエーションに加えられます。

①風船の大きさ:大きければボールに手を当てやすくなる

②風船の色:ボールがはっきり見える色にするとベスト

③風船の落下速度:大きさにより変わるのですが、一番気をつけてほしいのは「③風船の落下速度」です。

高齢者や障がいのある人は、刺激に対する反応が遅く、思うようにボールに手が出ないことがあります。

介護者は、リハビリを受ける人の運動能力を考え。

【サイズ・色】を選び、運動を誘発しやすい風船で行います。

【落下速度を調節する】ことで、楽しんで参加してもらえることでしょう。

風船でリハビリを行うことが難しい人には、丸い風船にヘリウムガスを入れて、非常にゆっくり落下するように工夫もできます。

また、認知症ケアや障がい者のリハビリの場合では、風船の大きさや浮力を事前に調整し、対象者と介護者が【1対1】で行うことが多いです。

童心に返った気持ちで楽しめるバルーンアート。

見て・触って・身体を動かすことで、脳に活き活き!刺激がたくさん与えられます。

手先を使うことで、脳の老化防止に役立つことはよく知られていますが、バルーンアートにも同様の効果があると言われています。

細長い風船を捻ってさまざまな形を作り出すバルーンアートは、想像力が遊びながらも養われていきます。

夢くらふと協会HP:バルーンアート

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ