風船工作のバルーンアートは身近な遊び道具にピッタリ


急速に変化する現代社会では毎日が大忙しですよね。

仕事、家事、勉強、部活、習い事、趣味、付き合いなど、
大人も子どもも次から次へとやらなければならない物事に追われるように生活しています。

こんな日々が続けば当然ながら、親子でコミュニケーションをとる時間も少なくなってきますね。

社会のデジタル化により生活が便利になった一方、子どもたちの遊びも「現実世界の中で工夫する遊び」から「バーチャルな世界に没頭する遊び」へと変化しています。

自然世界の中での実体感、リアリティーのない遊びは、子どもたちが遊びから学べることにも偏りを生みます。

身体を使った遊びは、身体能力を伸ばすだけでなく、子どもの人格形成効果をももたらします。

親子でじゃれ合ったり、手遊びやごっこ遊びをしたりする中で、身体で感情を表現する喜びを実感できるでしょう。

1歳前後にもなれば、お子さんの動きやリアクションも活発になりますよね。

家の中の身近な物を使いながら、身体を使った遊びをお子さんと楽しんでみましょう。

大きな風船を使って「いないいないばあ」をするのも楽しいですよ。

掛け声に合わせて風船で顔を隠したり出したりしてみましょう。

風船の大きさや形を変えることでダイナミックな遊び方ができます。

また、風船に長いリボンや毛糸などを結ぶだけでもおもちゃがひとつできちゃいます。

1人がひもの端を持ってやさしく動かすと風船はあちこち不規則に動くので、もう1人が風船を捕まえるゲームをしてみましょう。

細いひもを力強く急に動かすと非常に危険です。

周りに気をつけながら、ひもに勢いがつきすぎないようにして遊びましょう。

やわらかい素材で太さのある綿ロープなどだと比較的安全です。

親子のふれ合いを意識しながら子どもたちと遊びを楽しみましょう。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ