公園で子どもと一緒にバルーンで遊ぶ色探しゲームの冒険


「風船を使って何か面白い遊びができないか…」

そう思って、新しい遊びを実際に企画して試してみました。

普段は家で膨らませて遊んでいる丸い風船。

今回はバルーンを家の外へと持っていきました。

今までバルーンアートは自宅で遊ぶものだと思っていましたが、その先入観を捨てて、今回初めてのチェレンジです。

というのも、家で風船遊びをしていた時に子供たちが急にソワソワしてきて、自分たちから「外で風船持って冒険に行きたい」と提案してくれたのです。

目からウロコの提案でしたが、なんだか嬉しかったです。

そんな訳で、今回はこどもたちが好きなバルーンを持って、いざ!色探しゲームの冒険スタート!

それぞれに沿った色のバリエーションを外で見つけて、風船と同じ色のものを外の世界で探していくという冒険ゲームです。

見慣れた風景の方が良いと思ったので、いつも通っている道と、良く行く公園を今回は冒険場所に選びました。

「バルーンを持って出かけよう~」遊び方はとっても簡単!

① 自分が好きな色の風船を選ぶ。

② 風船を手にして、道や公園を散歩しながら同じ色を探す。

たったのこれだけ!

ただ、見つけた瞬間嬉しくなって走り出すこともあるので、やはり車が通らない道や公園で遊ぶのがおすすめです。

このゲームの凄いところは、バルーンのカラーなど違いを理解することができること。

普段だったら「緑」と一括りにしていた色も、持っているバルーンと比べると「こっちの方が濃いな…」とか「こっちの方が薄い」とか、感じることができます。

自然の中で、色の違いを学べるのってなんだか楽しいです。


こちらも合わせてお読みください

2012年08月02日 バルーンアート大会

木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ