動画お花 簡単なバルーンアートの作り方 キッズバルーンアーティスト


カラフル♪フラワーの作り方の動画 約2分


 

向上心が高いキッズバルーンアーティスト

 

お花のバルーンアートで難しいのは、花びらを同じ大きさに作る事です。

小さな手でねじる手際と花びらが均等なところが大人顔負け!

キッズバルーンアーティストは、練習をしている時にお花の指輪を自分で考えました。

さらに、お花の指輪を簡単に作るアドバイスを私に求めてきました。

「この方が作りやすいよ」と教えたら子供ながら納得したような顔をしていました(笑)

子供は頭が柔らかく一度 覚えた事は忘れない様ですね。

【子供が自信をつけることとは】

子供は「バルーンアートできた」ことで親に褒められることで、自信をつけることができます。

また、自信がない子供に自信をつけさせるのは、バルーンアートをつくり完成したことで達成感があります。

子供に小さな自信がつきます、難しいと思っている方も多いですが、バルーンアートを活用したら意外とそうでもないです。

『自信を持つ事で自己否定を解消しましょう~』

だれでも人は自信を失う時があります。

どんな理由で、そんなになってしまうのでしょうか。

「自信を失ってしまうプロセス」を追いながら、皆さんが自分自身に、自信を取り戻すことができればと考えています。

自信をなくした時こそ、自分自身を変える絶好の機会です。

簡単な作品を作る工程のなかにも、様々な創意工夫が求められるため、子育てにはとても良いのです。

何を作ろうか、どの色をもってこようかと先をイメージする力が養われます。

バルーンアートを教わることでバランス感覚やセンスが磨かれます。

また、柔軟な思考力を持つ子供は、何かのトラブル巻き込まれても、挫けず立ち向かい解決策を自ら導き出す傾向にあります。

向上心を持って親子でバルーンアートを習って、キッズバルーンアーティスト(子ども資格)に挑戦しませんか!

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

女性におすすめバルーンアート資格

子ども資格キッズバルーンアーティスト

資格難易度は簡単 初心者向けバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ