よみうり新聞の取材でバルーンアート体験教室を埼玉で開催


浦和バルーアート体験教室

15-11-01-16-01-06-208_deco
子供向けの読売新聞の取材

 

夢くらふと協会代表木島(バルーンアーティスト)です。

突然に読売新聞の取材が入り、慌ただしく埼玉県の浦和にてバルーンアート教室をしました。

読売新聞のカメラマンさんがいても気にすることなく、昼下がり和やかな感じで始まりました!

初体験のアートの世界に男性は真剣そのもの!

二人の小学生の女の子も、上手にバルーンアートを作りました。

ブドウの風船に『本物みたいで、おいしいそう~』そんなこと言って、盛り上がって面白い教室になりました。

最後は自由に作品を作り、バルーンアート体験を満喫!

皆さん、達成感で満足したご様子でした(笑)

楽しいひととき、ありがとうございました。

メディアでも注目されているバルーンアート

最近は、テレビやYouTube動画においてもバルーンアートは、PRされるようになり、関心度も高まっております。

バルーンアーティストは、多くのトレーニング量をこなしているのです。

バルーンアーティストとして仕事をやっている人達は、エキスパートですので、複雑でできなさそうに見えますが・・・・

しかしステージに立つプロの方はどのようにして訪れた人を、惹きつけて振り返って頂けるかが勝負なので、バルーンアートのパフォーマンスショーは、見せるテクニックが必要でルールはないと言えます。

オリジナル作品でスキルを磨いているのです

複雑な作品をスピーディーに、きちんと完成させるために、相当な練習量をやっています。

決まった形のバルーンアートをバランスよく作る、手早く作るなどは、練習量の違いです。

この先バルーンアートをマスターしたいなと、希望している方は何の不安もいりません。

シンプルなプロセスの組み合わせだから、誰であっても、気楽な気持ちで、製作することができるでしょう。

バルーンアートの練習した後の廃材は、使いやすくカラフルゴムに活用出来て、便利で無駄がないです。

バルーンのリサイクル 夢くらふと協会HP

おすすめ簡単で女性に役立つバルーンアート資格

お孫さんと一緒に子どもバルーンアート資格

資格難易度は簡単 初心者向けバルーンアート資格

 

【出張 バルーンアート教室】
東京都 渋谷 新宿 池袋 世田谷 原宿 赤坂 青山 恵比寿 銀座 目黒 六本木 青海 有明 大島 亀戸 国際展示場 新木場 住吉 東陽町 豊洲 森下 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越 飯能


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ