幸せな家族のふれあい バルーンアートの雛祭りは絆づくり


バルーンアートで家族みんなで雛祭り

祖父母もお孫さんとコミュニケーション

 

ひな祭りは一家そろって、バルーンアートを楽しもう♪

さて、育児と聞くと、やはり「両親の役目」と感じると思います。

もちろんそれは間違いではないのですが、祖父母がいる家庭なのであれば、おじいちゃん・おばあちゃんとも一緒に育児をしてほしいと思います。

祖父母世代の経験が育児に活きてくることもあるでしょう~

そして、雛祭りなど愛する孫とコミュニケーションを取れる時間を少しでも多くしてあげてくださいね!

そうすることで、家族一人一人の子育ての負担が大幅に少なくなるはずです。

特に祖父母世代は、職場があるお父さんや、ママ友がいるお母さんとは違って、どうしても他人とコミュニケーションを取る機会が少なくなりがちですからね。

そんなときは、家族全員で何かをしましょう!

そのためには「バルーンアート」がうってつけです。

実際に何を作るかにもよりますが、バルーンアートであれば老若男女が楽しめますよね。

そして、もちろん「コミュニケーションを取る」のが家族のバルーンアートをすることの最大の目的です。

ですから、あまりムキになって「お義父さんより上手くできた!」

「ああ、バルーンアートがなんでできないんだ!」なんてイライラしちゃダメですよ(笑)

そして、またバルーンアートは子どもの育脳につながります!

「バルーンアートを完成させるためのイメージ」が子どもの中で繰り返されることで、確実に知育につながっているのです。

育脳とは、自分でイメージを作り上げることで鍛えられるものです。

バルーンアートでオリジナル作品を創作する場合は、デザインから作り方にいたるまで、すべて自由にイメージして作っていくので、右脳が刺激され自然とイメージトレーニングにつながります。

おじいちゃん、おばあちゃんも趣味としてのバルーンアートで、毎日を彩ってみませんか♪

バルーンアート:夢くらふと協会 HP

Facebook:夢くらふと協会

1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズバルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ