平成30年の新年から初仕事バルーンアーティスト 秩父観光農園


埼玉県の観光農園でバルーンアートの実演配布

 


仕事始めバルーンアーティスト

 

秩父市横瀬町の観光農園でバルーンアートの配布をしました。

農園は横瀬駅、羊山公園(芝桜の丘)徒歩10分の場所にあります。

赤くてジューシーな苺を丸い風船で作り、プレゼントしました。

新しい年になって初めてのお仕事、たくさんの方に喜んでもらってよかったです。

子供はよく知っているフルーツやキャラクターのバルーンアートは人気です。

イチゴのバルーンアート

 


いちごは低カロリーでビタミンCがいっぱい

小さ目の苺だと10つぶ、大きめ苺は5つぶほどで、
1日に必要なビタミンCをとる事ができます。

苺のカロリーは100gあたり34kca
1パックは100kcal程度です。

フルーツのりんご1個と バナナ1本と同じです。

保存期間の目安は、冷蔵室で6日
苺のヘタは食べる直前に取りましょう。

苺を冷凍保存の場合は、苺を水洗いをしてヘタを取り、
いたんでいる部分があれば取り除く。

水けを拭きとってから、砂糖をまぶして
冷凍用保存袋にいれて冷凍します。

解凍後の食べ方は、
苺を凍ったままデザートとして食べる。

ミキサーにかけて、
ジュースやスムージーにしてドリンクとして飲む。

ビタミンCの栄養素が流れだしてしまうのを防ぐため、
へたをつけたまま水洗いをおすすめします。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズバルーンアーティスト認定資格

【出張 バルーンアート教室】
東京都 渋谷 新宿 池袋 世田谷 原宿 赤坂 青山 恵比寿 銀座 埼玉県 さいたま市 大宮 見沼 浦和 川越 熊谷 川口 所沢 飯能 加須 本庄 東松山 春日部 狭山 鴻巣 深谷 上尾 草加 越谷 蕨市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ