バルーンアーティストはきらきら笑顔あふれるやりがいのある仕事


習うことでバランス感覚やセンスが磨かれます

子供たちの柔軟な思考力を育んであげる方法

 

バルーンアートをお花などと組み合わせて、特別な記念日のプレゼントとして贈る方も多いそうです。

簡単なバルーンアート作品をつくる工程のなかにも、いろいろなな創意工夫が求められるため、ママの子育てにはとても良いのです。

バルーンアート何を作ろうか、どんなカラーをもってこようかと、先をイメージする力が養われます。

また、大人より柔軟な思考力を持つ子供は、突然に何かのトラブル巻き込まれても、挫けず立ち向かい打開策を自ら導き出す傾向にあります。

それは、多方向から物事を眺めることができる能力があるからです。

これはダメでも、こっちの方法は行けそうだから、こっちからアプローチしてみようと考えられたり、ポジティブな方向へ物事を考えることが出来たりするからです。

こうした柔軟な思考力を育んであげる方法の一つに、バルーンアートがあります。

バルーンアートは手先を使うので、作る過程では、意外と集中力が必要です。

脳の活性化に役立ちます!

バルーンアートは、単純な色と形の組み合わせでも芸術性の高さに、豊かな色彩と洗練されたフォルムが目をひくデザイン。

バルーンアートで海外で活躍する一流のアーティスが生み出すハイクオリティ作品はで、極上の世界観があって、大人も子供も思わずはまってしまうほど。

ピンと来た方は、新宿駅徒歩二分の場所で開講しているバルーンアート講座にご参加ください。

 

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ