家族で遊ぶバルーンアートは親子コミュニケーションがいっぱい


風船で親子間のスキンシップを図ろう

幼いころの風船遊びの楽しい記憶

 

お子さんにとっての「親」の存在の大きさを認識しましょう。

子供にとって「親」というのは絶対的なものです。

特に小さなお子さんの場合は「親の言うこと、することが世界の全部」だと言っても言い過ぎではありません。

ですから、親子間のコミュニケーションが少ないというのは、非常に良くありません。

子供の精神面への悪影響が大き過ぎます。

子供は、大きくなっていく中で細かな失敗や挫折を繰り替えることになるはずです。

幼稚園での縄跳びができない、学校の教室を間違えてしまった、友達とケンカした、などなどたくさんありますよね。

しかし、それを通して子供は成長していくわけですから、何も失敗や挫折が全て悪いというわけではありません。

ですが、それは親子間のコミュニケーションがしっかりしているからこそ成り立つことです。

両親とあまり話していないような家庭の場合は、子供は「今日の失敗」を親に話すことができません。

「じゃあ先生に言えばいい」と感じるかもしれませんが、それも両者(先生、生徒)の立場を考えれば、全てを包み隠さず話せるはずがありません。

相談相手がおらず、徐々にお子さんの精神が弱っていってしまうのです。

そこで導入してみて頂きたいのが「親子で共にモノづくり&バルーンアートをしてみる」という手法です。

一緒に試行錯誤できる、教え合うことができる、などの理由から、親子のコミュニケーションツールとしてはかなり効果的なものだと思います。

ですから、親としては「バルーンアートはついでで、子供と話す機会になる」というくらいの認識でいることをおすすめします。

バルーンアート出演依頼 お問合せ

出張バルーン教室 講師派遣

出張バルーンショー 出演

【バルーンアート教室】
東京都 新橋 有楽町 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野 大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

全米5部門1位の洋書に掲載

動画でバルーンアート資格取得

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ