講座受講生のお父さんの休日はバルーンアートで家族サービス


子供と楽しめる趣味&仕事のバルーンアート

家族でバルーンアートは夫婦円満の秘訣

 

今回受講していただいたのは、小学生のお子様を2人持つお父さん。

一緒に趣味を楽しみたいと考えるパパと子供のコミュニケーションや、バルーンアートを用いた将来的なサイドビジネスを検討されているということでした。

バルーンアート認定資格講座は、初心者でも取り組みやすいカリキュラムとなっているので、子供ももちろん楽しんで取り組めます。

また、子供資格の【キッズバルーンアート認定資格講座】は、親子で受講することもできます。

バルーンアートを子供と一緒にできるのはとても楽しいです。

なぜなら、子供の思いがけない創造力や独創性が間近で見られるため。

「風船を使ってどんなアートを作ろうかな?」

「割れないようにするには何に気を付けたら良いのかな?」

バルーンアートをすると、自然と子供の創造力や考える習慣が身に付きます。

技術を身に付けられるという点でもバルーンアートはオススメですが、手先が器用になるだけではなく、脳の発育にも良い影響を与えてくれるのです。

さらに、この方が検討されているように、バルーンアートはサイドビジネスにも適しています。

技術さえ身に付けることができれば、結構式や福祉施設、何かのパーティーなどの装飾をすることもできますし、その技術を人に教えることもできます。

老若男女、誰でも馴染めるバルーンアートだからこそ、ジャンルを問わずにあらゆる場所で活用できるのです。

それこそ自分の想像次第で新しいビジネスを展開することができます。

忙しい日々の中でも空いた時間で一日で習得して、手軽にバルーンアートを子供や友達に教えたりと、「コミュニケーションツール」にもなります。

可能性を無限大に秘めたバルーンアート、ぜひあなたも身近に感じてみませんか?

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

三歳~とれる子ども資格パパと一緒にバルーンアート

資格難易度は簡単 初心者向けバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ