バルーンアートバレンタインデーは手づくりで愛をプレゼント


バレンタインはかわいいバルーンアートを贈ろう

バルーンアートのバレンタインはどうでしょうか?

定番のチョコレートのプレゼントもいいけど、時には嗜好をかえてバルーンアートはいかがでしょうか?

日本と外国のバレンタインの違いとは。

二月の日本のバレンタインは、女性から男性にチョコレートを贈ります。

この日は、恋人同士の愛を確かめ合う日になっていることが多いのです。

アメリカでは、男性から女性にチョコレートを贈ります。

また、男性から女性にバラなどの花束を大好きな人にプレゼントして、自分の愛する気持ちを伝えます。

花束には、気持ちを表現したカードを添えて贈っています。

さらに、大切な彼女のためにレストランなどを予約をします。

アメリカ人は義理チョコなどなく、本命の人に贈るチョコしかありません。

イタリアにも、バレンタインデーはあるようです。

仲のいい恋人どうしが、プレゼントをお互いに贈りあうようです。

義理堅い日本とは違い、知人に「義理チョコ」やお返しの「ホワイトデー」はありません。

イタリアやヨーロッパの地域では、バレンタインの日には、男性が女性にお洒落なプレゼントを贈るイベントになっています。

チョコレートをプレゼントする人もいますが、 赤いバラの花束が定番のようです。

また、イニシャル入りのペアリング、ペアのジュエリー、センスいいランジェリー、パフュームなどの香水をプレゼントします。

もちろん、チョコをあげる人もいますが、花束のおまけのような形でチョコをプレゼントします。

チョコは主役ではなくサブになり、それぞれのお国柄の違いですが、イタリアの人にプレゼントを手渡す時は注意が必要ですね。

知らないと喧嘩にもなりかねませんので、覚えておくといいでしょう。

「バルーンアート出演依頼はお問い合わせください」

出張バルーンアート教室 講師派遣

出張バルーンアートショー 出演

【出張 バルーンアート教室】
新橋 有楽町 東京 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ