未満児支援施設でバルーンアーティストは親子の絆を深めることができます


バルーンアートで子供と自然に笑顔と会話が増える

バルーンのツリーで心もポカポカです

 

静岡県のバルーンアーティストは未満児支援施設に伺い、クリスマスツリーを作りました。

あらかじめ作っておいたツリーに、親子でシールをペタペタ張り付けて完成。

普段は子供さんだけですが、お母さんはイキイキして、楽しいひとときを過ごせたみたいで良かったです。

子育てで一番大切なのは、ママが笑顔でいることですね!

バルーンアートのワークショップが人気

実用的で様々な場面で生かせ役立ちます!

 

仕事として選択肢が多いのが、バルーンアーティストの特徴です。

スキル・キャリアアップのために資格取得する方もおります。

父兄会などの子供会や謝恩会でバルーンアートは大活躍。

簡単に作ることができるので、児童との遊びに持って来いです。

子供にバルーンアートを体験させると子供も不思議とのめり込んでいくんですよね。

バルーンはコストパフォーマンスがいい

バルーンアートに必要なものは基本的には空気ポンプと風船だけ。

金銭的にも優しく手軽に簡単に楽しむことができます。

また、バルーンアートは親子の絆の構築にも最適です。

子供が親から愛されていると思える安心感。

自分は存在していていいんだと思える自己肯定感。

他人と関わることは楽しいことなんだと思える社会性。

親子の絆できて始めて、知育教育をする価値が出てくるということですね。

バルーンアートは子育てにも有効活用できるので、「何か子供にやらせてみたい」と考えている方はぜひ検討してみてくださいね。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

初心者でも1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子供資格 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ