敬老の日に可愛い孫と一緒に遊べるバルーンアートがおすすめ


祖父母に心を込めた手作りギフト

楽しくお孫さんと遊ぶアイディア

 

お孫さんと一緒に遊びたいけれど、離れて暮らしているし、最近の子どもの遊びが分からない。

たまに、孫と会っても、ゲームばかりしている。

晴れても外で遊ばず、一日家にこもりっきりでゲーム に夢中で会話もない。

今の時代、どこに行っても子供たちがゲームを手放さないですね。

家族のコミニケーションがなく、さみしい気持ちになります。

そんな!おばあちゃん、おじいちゃんに朗報です。

バルーンアートを始めてみませんか!!

バルーンアートお孫さんと会話が増えます

 

バルーンアートは細長いカラフルな風船(バルーン)でキャラクターや動物たちを作る簡単なアートです。

アートと言っても難しくはありません。

テレビや遊園地などで、バルーンアートのショーをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

初心者からでも安心、ちょっとコツを覚えれば、子供に人気のキャラクターが簡単に作れるようになります。

好奇心旺盛な子供にとっては、見たことがない新しいバルーンアートは、楽しいものです。

おばあちゃんやおじちゃんの手からかわいいキャラクターが飛び出す様子を見て、「おばあちゃん、すごい」と子どもたちも笑顔になります。

バルーンアートは簡単な作品なら小さな子供でも作れますので、お孫さんと一緒にバルーンアート作りで遊ぶのも楽しいと思います。

女の子のお孫さんは、簡単なお花のバルーンアートを作ると大喜びします。

男の子は簡単な剣を作って、チャンバラごっこをしてはしゃぐのも楽しいです。

ちょっとしたきっかけで、バルーンアートでお孫さんの眠っているクリエイティブな才能を発見できるかも?

作り方は空気ポンプとバルーンを用意するだけなので、すぐにバルーンアートを始められます。

キッズバルーンアーティスト(子供の資格)
講座もあるので、ご近所のお友だちと一緒に習ってみてはどうでしょうか。

最初は簡単なバルーンアートから始めて、次第に大きな作品や組み合わせての大作にチャレンジする。

バルーンアートは、夢を形にできて、やりがいもあります。

意外にその面白さ、楽しさにハマってしまうかも。

何よりバルーンアートは、子供たちを笑顔に出来るのがいいですね。

 

バルーンアート夢くらふと協会 HP

女性におすすめ1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ