学校の入学式や卒業式を楽しく彩るためにバルーンアート


春は出会いと別れの季節ですね

新しい出会いに胸が高鳴る入園式

 

学校や幼稚園の行事を楽しくする素敵なパワーがバルーンアートにはあります。

お子さんはバルーンアートが大好きです。

きっと、ワクワクして一生忘れられない思い出になるはずです。

未経験者向けのバルーンアートもあるので安心。

3歳くらいから、親御さんや先生や保育士さんと共にバルーンアート製作にチャレンジできます。

お子さんにやる気さえあれば、保育園生の5歳くらいから、自分だけで風船をひねって、バルーンアートを完成させる事も可能ですよ。

バルーンアート製作ができる皆さん、そしてバルーンアートに関心がある方は、
ぜひバルーンアートを学校や保育園の催し物にすることを考えてみて下さいね。

お子さんが喜びますよ。

バルーンアートをすれば、出会いと別れのシーズン、つまり入学・卒業(入園・卒園)式が華やかになります。

お子さんが主役のイベントであるそれらには、お子さんが大好きなバルーンアートがぴったりです。

卒業(卒園)式には悲しさもあります。
ですが、大きく一歩を踏み出すための大切な行事でもありますよね。

だからこそ、お子さん達の思い出作りの手助けをするために私達大人が頑張りたいものです。

思い出作りの方法は様々ですが、私がオススメしたいのがバルーンアートなんです。

素敵なバルーンアートをお子さんに手渡せば、ずっと忘れることのない思い出になるかもしれません。

少し物悲しい卒業(卒園式)を、バルーンアートで明るく楽しいものにしてみませんか?

お子さんのために頑張っていたつもりのバルーンアートでも、
作っているうちにどんどんアイデアが出てきて、いつの間にか大人の皆さんも楽しんでしまっているかもしれません。

お子さんと一緒にバルーンアートを楽しみながら、「こんなことがあったね」なんて、保育園の思い出話をすれば、それはかけがえのない時間になるはずです。

また「バルーンアートのライセンスを持つ」くらいの実力になれば、パーティーや忘年会などでも、大活躍できるはずです。

みんなに囲まれて、バルーンアートを作って、それを手渡せば、きっと大喜びしてもらえるはずです。

お子さんの心の中に永遠に残る思い出になることでしょう。

短期一日(六時間)バルーンアート認定資格講座

子供の資格(三時間)キッズバルーンアーティスト

お孫さんと一緒にバルーンアート資格取得


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

ツイッターで最新情報を購読

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

全米5部門1位の洋書に掲載

人気動画1位 soeasy

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ