国際交流でバルーンアートの活用バルーンアート資格講座感想


今回、受講者は以前に国際交流でバルーン装飾をされた方でした。

次回の海外フォーラムの開催があれば、バルーンアートで何か新しいことをしたいという事でした。

男性受講生の感想。

本日の講習会ありがとうございました!

自己流でやっていましたが、バルーンアートの基本を習い、初心に返ることができ大変有意義に過ごすことができました。

バルーンを通して、いろいろな方面で使えることがわかり良かったです。

また、想像力が広がり価値観がかわる、バルーンアートは思いのほか奥深いと思いました。

今後ともよろしくお願いします!

得意分野でもきちんと資格取得のための勉強をしてみると、新たな学びもや発見も多く、作品の向上に繋がることがたくさんあります。

「目的があれば、日々のモチベーションを維持しやすい」ということです。

どんなに好きなことっでも、自分の作りたい作品を気ままに作っていると、段々とモチベーションを保てなくなってきます。

しかし資格を習得するという目標があれば、目標のために計画的に取り組むことができます。

たくさん練習をするにしても、バルーンアートは初期投資も安くすみますし、作ったものはオブジェとして飾っておくことができます。

バルーンアートの資格を習得した後は、もっとバルーンアートを披露する活躍の場が広がります。

イベントでどんどん作品作りに取り組んでみてください。

次回はバルーンアーティストとして海外のイベントなどで、エンターテイメントのパフォーマンスをしたりもできます。

空間にバルーンアートで装飾を施したり、イベントに参加してくれた方にギフトとしてバルーンアートをプレゼントしたりできます。

言葉が通じなくてもきっと喜んで貰えることでしょう。

バルーンアートを取り入れれば、フォーラムやパーティーがより思い出深くなるに違いありません!

またあなたが希望するれば、バルーンアーティストを育てるための指導者としての道もあります。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ