バルーンアート花 クオリティーでだけでは仕事はうまくいかない


バルーンアートで目標やゴールを決める

 

DSCF1471

センス重視のバルーンアーティストとは

 

仕事は目の前のやりたいことだけをやっているのでは、バルーンアーティストとしてうまくいかない。

というか、マニュアルがないとできない、オリジナルの想像することすらできない、バルーンアーティストもいるでしょう。

また、バルーンアートでどんなオリジナルを作りたいのか?

バルーンアートで、情熱を傾ける力はすごく強いなと思うのですが...

それが、本当に自分が最終的に求めているバルーンアートの形になるのか?

悩んで決められない時があります。

自分がバルーンアーティストとして進む道があっているのか?

模索してわからない時もあります。

それに加えて、日本人は仲間意識が強いなと思うんですね。

リーダーシップを取れる人が非常に少ない。

仕事のプロジェクトが始まった時、誰がその責任をとる!と決める人も実はほとんどいない。

仲間だから、仕事はみんなでやるんでしょ?

という、失敗した時の責任を自分で持たないように責任転嫁している?

自分が責められないように、貧乏くじを引かないように面倒くさいリーダーになることを避ける。

そんな人は、フリーランスのバルーンアーティストはやめた方がいいです。

相手のいいなりになって、利用されてうまく使われているだけになってしまいます。

バルーンアートビジネスを考えるときは、もうひとつ先のことを考え、営業や提案、クライアントと交渉しなければお金はいただけないです。

バルーンアート教室とイベント

バルーンアート出演依頼 お問合せ

出張バルーンアート教室 講師派遣

出張バルーンアートショー 出演

【バルーンアート教室】
新橋 有楽町 東京 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ