バルーンアートの花束 見舞いで気を付ける注意事項とは


退院祝いにバルーンアート

入院見舞いにおすすめの品とは

 

退院見舞いにバルーンアートの花束はいかがでしょうか。

最近ではコロナの影響で、入院中のお見舞いはできない病院もあります。

それから、生花を禁止する、病院が多いなどと言われています。

お花を禁止の理由としては。

生花に土に付いた細菌が花瓶の水などにおいて繁殖することで、院内感染に繋がるリスクがあるという理由です。

これ以外に、花粉アレルギーやお花のにおいを嫌がる患者に配慮するなどが理由の1つのようです。

ほかにも、果物も持ち込みNGになってきてるらしいです。

果物は食中毒への心配から、見舞い品でフルーツを禁止する病院も多いです。

お菓子に関しても、持ち込みを制限している入院病棟も多くなっています。

できれば病室の冷蔵庫に入れなくても、日持ちするものを選択したいものですね。

そのような中で、テレビカードはかなりおすすめの一品です。

金額も大して高くないため、相手もお返しなどに困らないというメリットもあります。

むしろ「現金」は 色々と物入りな入院期間に、最も喜ばれるお見舞いと考えられるのではないでしょうか。

病気で落ち込んでしまった人も、カラフルなバルーンアートを見てホッと一息、気分転換になれば幸いです。

色とりどりのカラフルな色に触れることで、心が癒されたり、やさしい気持ちになるでしょう。

バルーンアート 夢くらふと協会 HP

簡単1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズ バルーンアーティスト子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ