双子の姪っ子に手作りバルーンの衣装で七五三お祝い


姪っ子の七五三『なんちゃってバルーンドレス』 を試作しました。

男の子と女の子の双子なので、二つで一つのサクランボのイメージで作りました。

バルーン旅行

電話で姪っ子に「どんな感じのバルーンドレスを着たい」と聞いてみました。

そして、一言 「プリキュア~」かわいいイメージ?

「頑張ります~」

みなさんはご存知でしょうか~

バルーンアートが実は家族のためのコミュニケーションツールになります。

基本的にはお父さんやお母さんのどちらが行うことになる場合が多いと思いますが、お子さんがいるのであれば、ぜひ手を貸してもらってください。

それがお喋りのきっかけになりますよね。

もちろん、おじいちゃんやおばあちゃんがいるのであれば、併せて協力してもらいましょう。

そして、完成したバルーンアートを見ると気分は最高。

より一層家族で盛り上がることができるでしょう。

あなたもバルーンアートで幸せをつかみ取ってください。

もちろんその場も楽しいでしょうが、バルーンアート完成作品は、ずっと記念写真として残るわけですから思い出にもなるはずですよ。

例えば5年後や10年後「これは七五三祝いに作ったバルーンドレスよ」
などと姪っ子とお話ができると嬉しいですよね。

お子さんがお年頃になっていると、少し恥ずかしがるかもしれませんが、きっと子どもの心の中にも深く刻まれていると思います♪

バルーンアートのモノづくりは思い出作りのツールでもあります!

笑顔あふれるバルーンアートでHappyな1日をお過ごし下さいね。

バルーンアート教室とイベント

〇バルーンアート出演依頼はお問い合わせください。

出張バルーンアート教室 講師派遣

出張バルーンアートショー 出演

実演配布バルーンアートプレゼント

Facebook

ツイッター気軽にフォロー

【出張バルーンアート教室】
東京都 新宿区 渋谷区 港区 目黒区 世田谷区 千代田区 品川区 北区 中央区 文京区 板橋区 足立区 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ