アイドルになりたいと子どもが言ったら親はどうする


もしも、子供が「アイドルになりたい」と言い出したら肯定してあげましょう。

確かに、アイドルになるのは難しいものです。

また、アイドルになれたとしても、未知な世界なわけですから、その先に対して不安を抱いてしまいそうなものですね。

しかし、子供は真剣に「アイドルになりたい」と思っています。

例えば、可愛い衣装を着て、ステージで歌う姿を夢見ているはず・・・

子供にとって、夢を持つということは、とても大切なことです。

しかし、中、高校生の受験になると、今後の進路について考えなければいけません。

例えば、「アイドルになりたいけれど、将来のことも考えて大学進学を選択した」などという状況はよく聞くものです。

しかし、幼少期~小学生くらいまでは、真っ直ぐに夢を追いかけられる時期です。

そのような時期に、「難しいから」という大人の理由で夢を諦めさせるのは勿体ないといえます。

アイドルへなるための道は、決して楽なものではありません。

また、例えば厳しいレッスンを重ねたとしてもアイドルになれる保障はありません。

ただ、このような状況を子供の頃から経験しておくということは、とても重要です。

「夢に向かって、挫折や失敗を何度も経験する」という経験が大人になってからの人生において必ず活きてきます。

大人の都合や考えで、子供に夢を諦めさせるのは良くありません。

たとえ、難しい夢だとしても、子供は真剣に夢を追いかけているのです。

ひと昔前のアイドル事情とはかなり変わってきています。。

例えば、地域密着アイドル・ネットアイドルなど、アイドルの種類はかなり多様化しています。

もちろん、アイドルの種類が多様化しているわけですから、アイドルになれる確率も高まってきています。

また、地元のイベントなどで舞台ステージをしたりと、アイドルのように活躍できる場も広がってきています。

例えば、「子供によるバルーンアートショー」も可愛い衣装を着て出演するため、多くの観客からアイドルみたいに歓声を浴び喜んで頂くことができます。

たとえ、簡単な作品であったとしてもキッズバルーンアーティストはキラキラで華やかなバルーンアートを人前で作るのは、人気者になり素晴らしことです。

アーティストとして感謝され子供の自信にも繋がります。

いつの時代であっても、子供は夢を見て育つものです。

「野球選手になりたい」

「政治家になりたい」

「キャビンアテンダントになりたい」など、
その夢は決して楽に実現できるものではありません。

しかし、子供は純粋に夢を持ち、それに向かって突き進んでゆきます。

だからこそ、子供の夢を叶えあげたいものです。

夢くらふと協会 HP

気軽にtwitterのフォロー

1日で資格取得バルーンアート認定資格

子供が取れる資格キッズバルーンアーティスト

【出張バルーンアート教室】

東京都 新宿 渋谷 港区 目黒 世田谷 千代田 品川 北区 中央 文京 板橋 足立 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市 神奈川県 横浜


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ