神奈川県クリスマスライブで赤のバルーンスカートとなかいクリスマスリース


バルーンアートがみんなのスマイルを引き出す

バルーンアートのスカートで歌を歌う

 

神奈川県相模原市すずらんハウスで、開催されたクリスマスライブ!

バルーンアーティストがクリスマスを盛り上げて、赤と白のバルーンで作った風船のスカートでパフォーマンスショー。

サンタさん気分で歌をうたって、クリスマスリースやトナカイも作りました。

歌や音楽に合わせてテンポよく、風船アーティストなら楽しくお喋りしながら作品を作って、観客を大いに盛り上げるわけです。

風船が一気に膨らむ姿と、あなたのバルーン作品と「作品を作る以外の技術」に観客は心惹かれ、特にお子さんはキラキラした笑顔で見つめてくるわけです。

「風船アートでたくさんの人の心を動かして、みんなの笑顔を引き出す」ということができるんです。

もちろん作品を作る技術力があることも大事ですが、それだけでは人を楽しませることはできません。

大道芸人や手品師も、無言でパフォーマンスをする人はいませんよね。

風船アートは「人の感情を動かせる」ので、本当にやりがいのあるパフォーマンスです!

そして、それの専門家であるバルーンアーティストはみんなに希望とスマイルを届ける人たちなんです♪

また、ステージで風船アートのショーをしていても、観客のみなさんは喜んでくれます。

そして「私も僕もバルーンアートをやってみたい!」と感じてくれるんです。

ワイワイ笑顔で風船アートを教えてあげるのもバルーンアーティストのお仕事です。

これによってたくさんのお子さんを笑顔にすることができますよ。

「風船アートにはみんなを笑顔にするパワーがある」ということですね!

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

キッズ向け子どもバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ