バルーンアートを再利用 リアルな茄子と苺 リサイクルの風船工作 


バルーンアートの再利用 なすといちご

散歩中に「どんぐり」を見つけました。
そして、こんなものを作ってしまいました。

写真にあるのは、 長ナスとイチゴちゃんです。

どんぐりに、
リサイクルのバルーンをかぶせたものです。

ちなみに、バルーン360サイズが適してると思います。

色を変えて、 柿、イタリアントマトも可能

 

もちろん中の素材を、 銀杏にしたり、栗にしたり、
自然の木の実どれでもアレンジできて、
それだけ、アイディアの幅も広がると思うんです。

昔、隣のおばあさんが、壊れた風船の、
ゴム表面をさらに伸ばして、自分の口で、
まーるくして、下を糸でしばって、
小さな風船たちをくれました。

これ、器用な大人だからやっていいことで、
本来は、風船を飲みこむ危険性があるのです。
だから、子供はやってはいけないんですけど。
風船リサイクルをもらった経験のある人なら、
風船を嫌いになることはないと思うのです。

長ナスもイチゴも、柿もイタリアントマトも、

ご希望があれば、
バルーンアート教室のお帰りの際に、
さしあげます(事前にご連絡ください)。

そして、かぶせただけといっても、
作り方もお教えします。

お気軽に言ってみてくださいね。

ミニチュアの世界も、
ドールハウスなどに代表されるように、
可愛い小物の出現を待っています。

それと、バルーンのリサイクルが、
うまくコラボできたらいいな、
夢は遠くまで飛んでゆく、なーんて考えます。

発色がとてもきれいな、
バルーンアートの風船だからできることですね!


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ