空いた時間に取れる女性におススメのバルーンアート認定資格講座


よろこび&感謝されるお仕事

イベントやパーティ、お祭り、学校行事、または路上などで、音楽に合わせながら風船を重ねて結んだり、自在にあやつって作品にしてしまう姿を見たことがあるでしょう。

子どもたちの大好きなカラフルな風船を膨らませて、「ひねったり~」「つなげたり~」犬やうさぎなどの動物、花束、乗り物、マンガのキャラクターが出来上がっていくのを、彼らは期待して、ワクワクしながら見つめています。

そうしてあっという間にできあがったアートを手にした子たちは、キラキラした大きな目で笑顔を見せています。

出来上がった時の歓声や喜ぶ声を、楽しみながら活躍できるのです。

見た目も華やかで、「結婚式&誕生日」などのギフトや、「パーティ&イベント会場」の飾りつけにも喜ばれます。

贈りものを受け取った側にも、素敵な思い出になりますね。

バルーンアートは多様な仕事があります

 
風船作品には、すぐに取得できる技術もありますが、複数のパーツをつなげて作ったりもする、大変奥が深いアートとしても知られています。

高度な技術を取得できると、バルーンドレスや、キャラクターなど、非常に高いレベルのものを作ったり、作品を披露することができるようにもなります。

また、こういった “技術を磨き、芸術的な作品に仕上げる”ことが得意な『職人タイプ』と、“人前でパフォーマンスを披露する” ことが得意な、『パフォーマータイプ』の方がいます。

お祭りやイベントなど、人前でパフォーマンスをするには、経験も必要になってきますが、目立つことが好きな人、注目を浴びたい人は、後者の『パフォーマータイプ』で、そのやりがいたるや、格別のものです。

こうして自分のタイプによって選べるも、バルーンアートが幅広く人気の理由です。

喜びと笑顔をつなぐ開運アート

 
「専業主婦の私にはむずかしそう・・・」

「うちの子も大きくなって手が離れてきたので、何かやりたい・・・」

「小さな子相手に何かしたいのだけど何をしたらいいのか・・・」

など、様々な方がいらっしゃいます。

バルーン作品は「むずかしそう」と思われるでしょう。

赤ちゃんや幼児がいるので、資格をとるまでの時間がとれない、という親御さんもいます。

バルーンアート講座はお子さんいても、大人が一緒であれば、なんと3歳から資格取得することができます。

「3時間でキッズバルーンアーティスト」

 
5歳なら一人で完成されることができたりもします。

小さなお子さんでも一緒に楽しみながらできるのも嬉しいですね!

子どもたちにとっても、お母さんと一緒に何かに取り組むということは、楽しい時間となることでしょう。

子ども好きな方、人を喜ばせたい方、自分の興味のあること

・楽しいことを仕事にしたい方には、大変おすすめです。

子どもに出来上がったバルーンアートを贈ると、どんな子も笑顔になり、「初めて合う子でもすぐお友だち」になれちゃいます。

そんな【素敵な魔法のアート】

それが『バルーンアート』なのです。

コミュニケーション、指先を使った細かい作業、神経を集中させて作ることは、脳の活性化にもつながるので、お孫さんと、おじいちゃん、おばあちゃん、にも人気です。

自分の手で一つのものを生み出し、完成させることは自信につながり、さらにワンランク上の品作りにトライしようとする、チャレンジ精神を育むことができるのです。

その様なことも、バルーンアートをする大きなメリットとなります。

夢くらふと協会 HP

気軽にtwitterのフォロー

1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズバルーンアーティスト認定資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ