忙しいパパと夏休み親子交流にオススメのバルーンアート


夏休みお部屋で楽しく子供と遊ぶには?

 

ママはパパの休日にイクメンを希望

 

いつも仕事で忙しいパパ。

たまのお休みの日には子供と公園で遊びたくても、体力が持たずに家でのんびり。

日々子育てに追われているママとしては、「休日くらいイクメンになって欲しい」と思っているご家庭も多いと思います。

子供は疲れ知らずで元気に1日中遊びまわることも可能です。

お子様の体力に合わせて、遊園地におでかけは、大人はすぐに疲れてしまいます。

普段遊び慣れていないお父さんは、リビングでどのように子供と遊べばよいのかがわからず...

遊ぶ方法もマンネリ化してしまい、子供がどんなことで喜んでくれているのか、わからない、なんて悩みも聞きます。

バルーンアートはそんなときの救世主!

新しい遊びの一貫として、“バルーンアート”を取りいれてみませんか?

「バルーンアートは子供と習える!」

ショッピングセンターの催事会場などで、近年パフォーマンスしていることが増えましたね。

風船で作られたトイプードルや剣をプレゼントされた方も多くいらっしゃると思います。

バルーンアートは見た目が器用な人しかできないと思えますが、未経験者でも簡単に作ることができます。

お子様とご一緒にたった1日だけの講習を受けることで、バルーンアートを基礎から学び、資格まで取ることができます。

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」
ステップアップしていくと複数のバルーンを組み合わせた花束。

キッズたちに人気のキャラクターなど、難しい作品も作ることも可能です。

子供たちが喜ぶこと間違いなし!

・女の子にはお花のヘッドドレスや動物

・男の子なら車・電車などの乗り物

好きな物を作ってあげるといいかもしれませんね。

バルーンアートは楽しくシンプル!

大人も自分で考えて作品作りをするのは、創作意欲が刺激されます。

楽しみながら脳を鍛えることができるなんて、バルーンアートはメリットしかありません。

どんどん作品レベルが上達していくのは、自分に自信を持ち、自己肯定感も養えます。

「子供が作ったら、褒めてください」

・自分は認められている

・愛されているという自己肯定感を育つ

そうした積み重ねが、今は小さい子供さんが大人になっても

新しいことに臆することなくチャレンジできるようになりますよ。

出張バルーンアート夢くらふと協会 HP

夏休み1日でバルーンアート資格取得

キッズ向けのバルーンアート子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ