夢が広がるポップカルチャー バルーンアートに挑戦してみよう


手作り工作バルーンアート&ニューホビー

バルーンアートが初めての人の心配とは

 

ショッピングモールのイベントでもお馴染みになりつつある、バルーンアート。

「新たなスキルアップをしたい!」

「面白い資格取得をしてみたい!」と近年人気上昇中です。

バルーンアート認定資格の受講生には、初体験から始められる方もたくさんいます。

ビギナーの場合は、難易度の低い作品の制作からゆっくりとスタートします。

風船が破裂してしまうのが恐くて、なかなか思うように手が動かせないという方は多いです。

初心者が必ず通る段階にいる時期には、

「私には資格取得は難しいのかもしれない・・・」という不安に駆られてしまうものです。

このような不安は、必ず時間が解決してくれますし、私達プロがサポートしますので、どうぞご安心ください。

バルーンアートの良いところは、経験を積み、作業に慣れていくことで自然と出来るようになります。

プロでも、風船を取り扱う以上は破裂するときもありますが、それもあとで笑いに変えれます!

風船が破裂する不安や心配はいりませんよ!

「割れてしまうかもしれない」

「失敗するかもしれない」という恐怖心は、徐々に解消されていきますよ。

意外とバルーンアートは不器用な人でも大丈夫

 

バルーンアートに特別な感性は不要です

 

バルーンアートをバランスよく作る、手早く作るなどは、練習量の違いです。

モノ作りの基本は、どのジャンルであっても回数をこなすことで上手になります。

簡単な作品からでも練習すれば、確実に上達します。

「自己流で続けているとわからないことでつまずいたり」

「理想像の形に、思うようにできない」

と、うまくできないことに苛立ってしまい、あきらめると言うパターンが最も多いと思います。

バルーンアーティストには、テクニックや感性が必要だと思っていませんか?

例えば・・・

「バルーンアートは器用な人だけができる」

「クリエイティブな才能や能力が必要なんじゃないか」など

それなら、簡単です!

プロにコツを習えば、不器用な人でも悩むことはないのです。

どこでつまずき、できないかなど、ポイント抑えて試してみる!

すぐ復習し、チャレンジすることが大切です。

コツさえわかれば、できることは増え、戸惑うこともないのです。

バルーンアートはすごくシンプルではあるのですが、指先の感覚が大切で見て覚えて、できないところは教えてもらいながら作るのが一番の近道です。

今、思い返すとうまく「できない」と悩んでいる時間がとても無駄に思えます。

バルーンアートは「ものつくり」なので、指先の感覚を言葉で説明するには限界があるのです。

少人数で学べる資格講座で一日(六時間)のバルーンアートを習得してみてはいかがでしょうか!

バルーンアート夢くらふと協会 HP

未経験歓迎1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ