スペインの年末年始はぶどうを12粒たべると願いが叶う


海外の年越しカウントダウンとは


スペインとアメリカの新年の過ごし方

スペインの大みそかは友達同士で集まって、自宅やクラブなどで年越しパーティーが定番です。

日本の大晦日といえば、細く長くの縁起を担いで「年越しそば」を食べます。

スペインでは年越しを迎えるときには、ブドウを食べる風習があります。

鐘の音に合わせて一粒ずつ葡萄を食べ、12粒食べ切れたら願いが叶う「開運を呼ぶブドウ」と言われています。

大みそかはみんなと騒ぎ、元旦は静かに過ごし、2日からは通常のライフスタイルになります。

新年を楽しく迎える、スペインの年末年始の過ごし方です。

アメリカのゆく年くる年

アメリカ人は日本と同じく1月1日に新年を祝いますが、お祝いの行事は年末の12月31日から始まります。

大晦日の夜には、親戚や友達とパーティーが定番です。

そして12時になると「明けましておめでとう」の声とともに、ホイッスルや爆竹などで大騒ぎをするのが、NY流お正月の迎え方です。

日本のHappy New Year

日本でもクリスマスが終わると「お正月はすぐ!」ということで、年末年始の準備を始めている人が多くいるようです。

正月のおせち料理は手間がかかるので、最近は通販やデパートのものを購入する家庭もあります。

また、正月料理の献立は、地域や家庭によって様々です。

特に、お雑煮の食べ方や味付けは、地方によってだいぶ違うようです。

おせち料理の定番はと言うと、縁起のいい食材を使います。

邪気払いマメに働けるようにと・黒豆。

子孫繁栄を願う縁起物・数の子。

五穀豊穣を願う・田づくり。

根深く家の基礎が堅牢であることを願う・牛蒡。

紅白や松竹梅の柄で縁起物・かまぼこ。

巻物に似ているため、知識を深める・伊達巻。

金運を呼ぶ縁起物・きんとき。

水引をかたどって平和を願う・紅白なます。

「おめでたい」お祝いの魚・鯛の姿焼き。

立身出世を願う縁起物・鰤の照り焼き。

健康長寿の願いを込め・車海老艶煮。

夫婦円満を象徴する縁起物・煮蛤。

「よろこぶ」と縁起が良いとされた・昆布巻き。

みとうしがいい蓮根が入った・筑前煮。

色とりどりのおせち料理は、縁起がいい食材の玉手箱。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
初心者向け1日でバルーンアート資格取得
キッズバルーンアーティスト 子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ