母の日は手作りバルーンアートで感謝の気持ちをかたちにしよう


ママに「ありがとう」のバルーンギフト


心が伝わるプレゼントはいかがでしょうか!

 

バルーンアートは大切なお母さんへの贈りものにおすすめ!

さらに、母の日は親子で一緒に風船工作はいかがでしょうか~

ママやこどもの創造力を伸ばすためのバルーンアートの中には、
親子のコミュニケーションもとれる工夫がたくさんあります。

こどもの創造力を培うためにどうしたら良いのか分からない…。

そう感じることありますよね。

具体的に風船工作でどのような遊びがあるのでしょうか?

今回は、母の日のバルーンを使った遊び方をご紹介します。

① 風船を何個か膨らませて、それを自由に繋げていきます。

② 繋いだら、マジックで好きな色をどんどん塗っていきます。

遊び方はたったのこれだけ。

これでどうなるの?と思ってしまいますがこの遊び方は「塗り方の工夫」で面白さがアップするのです。

リンゴやお花、何かのキャラクターの絵を描いても面白いです。

自分の名前やママの名前をひらがな、カタカナで書いてもらえば、遊びと学びが一緒にできちゃいます。

また、もし絵を描くとしたら、こどもと一緒に描きあいっこして、お互いに当てていくというゲームも楽しいです。
たったこれだけで、幅広い遊びと学びが一気にできてしまうのです。

さらに母の日は「赤い色のものを集めてみよう!」

タイトルのようなテーマを決めて、身近にある「赤い色」をたくさん集めてきます。

一通り集め終わったら、それを大きい順番に並べます。

こどもに「どうやって遊ぶ?」と聞いてみるのもおすすめ。

そうすることで、こどもたちはただ楽しむだけではなく、バルーンの楽しさを自分で見つける力を身に付けることができるのです。

バルーンアートでラッピングを一緒に楽しむ

ラッピングで遊ぶのも、色々工夫できて面白いです。

色付きの薄紙をしいて、バルーンアートを包んだり、透明な袋に物を入れ。

タイやリボンで結んだり、可愛いシールを貼ってみたり…。

可愛く仕上がったら、ママにプレゼントしても良いですね。

いかがでしたか?

母の日はバルーンアートの工作を通じて、こどもの良いところをたくさん見つけてあげてくださいね。

夢くらふと協会 HP

Facebook

1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズバルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ