1月資格講座の感想バルーンアートは回想法に役立つ


夢くらふとで再利用して資源を大切に

バルーンアートは腕のリハビリにも活用できます

 

1月、平成最後のバルーンアート認定資格講座は、バルーンアート初体験の女性の感想を紹介します。

歯科の仕事をされている女性の感想

今回が初めてで、細長い風船をひねる時なぜかこわいと思いましたが...。

最初バルーンアートは難しいと思ったが、思っていたよりもハードルは低くやりがいがあると感じました。

ポンプを動かすことで、身体障害でのリハビリにも使えると思いました。

子どもと楽しくできれば「いいなぁ~」

主任クラスの保育士さんの感想

初めてのバルーンアートは、指先のリハビリにもなるしバルーンを題材にした話題を広げることもできます。

介護施設などで会話を盛り上げたり、回想法に役立つと思いました。

作った後のバルーンアートの再利用は、資源を大切にしているところを知って、改めて良いと思いました。

自主トレして、腕を上げます。

今後、高齢者施設や保育園で活かしたいです。

行く前は、ドキドキでしたが、わかりやすくて参加して良かったです。

本日は、ありがとうございました。

夢くらふと協会は、会員とバルーンアートを通じてエコ活動にも取り組んでいます。

バルーンアーティストとして活動しながら、環境に配慮したエコ活動も行い、地域の方とも触れあい、助け合っています。

私たちはバルーンアーティストを養成する「バルーンアート資格講座」を東京で毎月開講しています。

今までに多くのバルーンアーティストを輩出し、多くの方と喜びを共有しました。

資格と聞くと難易度が高く思われがちですが、そんなことはありません。

講座では、バルーンアートのテクニックや独自性を養うだけではなく、資格取得後のイベント演出方法や、人材育成方法など、多くのことを学びます。

バルーンアートで多くの方に喜びを与えて、エコ活動でより深く関われる。

バルーンアーティストはとても充実感を得られるお仕事です。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

簡単1日で資格取得バルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ