受講生は広島県尾道のバルーンアーティスト


今月、バルーンアート資格講座の受講者は、広島県でバルーンアートの活動をされている杉原さん。

退職後「第二の人生」を充実した時間を過ごすため、バルーンアート資格を取得しました。

今後は本格的にステージショーなど中心とした、バルーンパフォーマーとして活躍する予定です!

広島県尾道市の方は応援よろしくお願いします。

バルーンアートはライフスタイルに合わせてでき、人のために役立ち有意義な時間を活かせます。

60代でリタイヤするのは早すぎると感じるし、働きたいモチベーションがあるとしたら、遣り甲斐のある仕事をしたいですね!

シニア世代もそういった観点で考えると、バルーンアートはピッタリ!

自分のやりがいや幸せにもつながる、このバルーンアーティストの仕事を通して、

「あなたの人生がもっと豊かなものになっていきます」

その上、バルーンアートのスキルを通して、地域活動に参加したりも可能なのです!

楽しい趣味でありながら、資格を取ればプロとしても活動できるため、副業にもなりえます!

だからこそ、娯楽や楽しみを求める人々の目が向いてくるのです。

私が言いたいのは、好きな事が仕事になっていくという時代の変化が、確実にあるのだということです。

しかし、残念ながら、技術が高く努力している人でも、無資格のアマチュアだからといって無償のボランティア的存在に思われてしまうことがあります。

そこにはっきりとした区切りをつけることができるのが、資格です。

資格は自分自身にプロフェッショナルとアマチュアの違いを自覚させる手段であります。

なおかつ、周りの人たちにとっても、プロとアマの違いを分かりやすく、目に見える形で示す物差しにもなります。

もしプロとして活動する道を選ばなかったとしても、今後の転職時や就職活動の際、資格を取得しておくことで、何かを真剣に学んだという証になります。

企業に対しても「努力家」「まじめ」「目新しさで興味をもってもらえる」といった好印象を与えます。

私は、資格を「とっておいて損はない、むしろとるべきもの」だと思っています。

その個性や感性を大切に育ていって、バルーンアーティストとしてのパフォーマンスの中で発揮していってほしいと思っています。

そんな感動や喜びを人々に与えられる、素晴らしい仕事をあなたも体験してくださいね。

六時間で資格取得バルーンアート認定資格

子ども資格キッズ バルーンアーティスト

出張バルーンアートのメニュー


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

ツイッターで最新情報を購読

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

全米5部門1位の洋書に掲載

人気動画1位 soeasy

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ