細長い風船を収納するバルーンエプロンをミシンで手作り


バルーンアーティストの必需品「バルーンエプロン」

2015-07-12-20-12-06_deco
腰に付けて使うバルーンの収納型エプロン

 

バルーンアートの実演配布やパフォーマンスショーの時など付けると、便利なエプロン。

新しいエプロンをミシンを使って作りました。

以前のエプロンは、夢くらふと協会のバルーンアーティストにあげちゃた!

同じ柄だけど、チョット工夫して手作り。

「地味な作業だけど、ハンドメイドが大好き」

バルーンアートは、夢のあるハンドメイドだと思います。

見た目の華やかさはありますが、実は地味な作業も多いですよ。

試作品ですが、改良をしてバルーンアーティストに、バルーンエプロンをプレゼントしたいなと思っています。

あなたが何かしらの仕事をしていて、今までにない斬新な提案をする必要に迫られたとしましょう。

そのとき役に立ってくる能力はなんでしょうか。

それは例えば、別の分野から情報を見つけてくるような情報収集力でしょうし、それらをつなぎ合わせるための思考力でもあるはずです。

しかし、本当の意味でユニークな提案をするのであればアートの「想像力」が大事になってくるはずです。

それがあれば、バルーンアートは既存のものとは全く異なる発想をすることができるはずです。

実際、賢い人はバルーンアートのメリットを知っているものです。

友達にバルーンアートの話題を振ってみると、コミュニケーションが盛り上がるかもしれませんよ。

細長いリサイクル夢くらふと協会

祖父と一緒に3時間バルーンアートの子ども資格取得

産休・育休中でも6時間でバルーンアート資格取得

【出張バルーンアート教室】

東京都 新宿区 渋谷区 港区 目黒区 世田谷区 千代田区 品川区 北区 中央区 文京区 板橋区 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市 神奈川県 横浜市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ