育児は家族で協力働くママの親子コミュニケ―ション


小さなお子さんがいて毎日育児でドタバタしているという方は少なくないはずです。

両親で分担して色々なことをこなしても、時間が全然足りない。

そういえば最近、仕事や育児で全然自分の時間が取れてないな……。

なんて感じている人もいるかもしれませんね。

そんな場合に、もしあなたの家庭におばあちゃんとおじいちゃんがいるのであれば、ぜひ育児に協力してもらって下さい。

孫とのコミュニケーションに飢えているはずですから、喜んで力を貸してくれますよ。

そうすることであなたの労力が減りますし、自分の時間を確保することもできるようになるはずです。

そして、ときには子供、両親、祖父母、家族全員で何か同じことを行う機会を作ることをおすすめします。

「育児の作業分担」をするだけでは、なかなか「(子供から見ての)父母と祖父母のコミュニケーション」の機会が確保できませんからね。

子供は結構デリケートなもので、両親と祖父母の仲が悪かったり、悪くはないにしても希薄だったりすると、心を傷めてしまうと言われています。

おすすめなのは、手作りの工作、家族一緒にバルーンアートをすることです。

「作成する簡単なモノ」をバルーンアートで吟味すれば、おばあちゃんやおじいちゃんの身体に衰えが見え始めているにしても、全員で楽しむことができますよ。

この場合のバルーンアートにおいて大事になってくるのは、「家族みんなでしゃべること」です。

ですから、あまりバルーンアート完成品の仕上がりなどに躍起になり過ぎずに、家族の団らんを楽しむようにしてくださいね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ