バルーンアート遊びでコミュニケーション こどもの感受性を育てる


一緒にバルーンアートにフォーカスしてみよう

子供とバルーンアートのシミュレーション

 
「こどもから宿題の絵や工作について聞かれて、返答に迷ってしまった」。

そんな経験はありませんか?

今回は親にも活用できる「こどもの芸術センスを育むコミュニケーション」の取り方を詳しくご紹介していきます。

【こどもの感性を磨くには、親子で「一緒に悩む」ことが大事】

子供の時というのは、誰でも絵を描くことや、物を作ることに積極的です。

そんな中、親の立場としては、こどもの感性を磨けるような助言に悩む人も多いのが現状。

もし何かこどもから聞かれた時は、どのように答えると良いのでしょうか?

・一緒に悩んで向き合う

こどもの作品への悩みに対して、親としてはコメントがしにくいもの。

ここで最も重要なことは、「こどもと一緒に悩む」ことです。

絵に対して一緒に悩み、向き合うことで、自然と「素直にものと向き合う姿勢」が身に付いていきます。

ましてや絵や工作などの作品は正解がないことがほとんど。

だからこそ、親がすぐに答えを出すのではなく、一緒に考えて、よりこどもの個性と感性を磨くことができるのです。

・思い込みを捨てて、素直に向き合う

もうひとつ大切なのは、先入観を捨てて素直に向き合うということ。

バルーンアートの芸術分野には正解がないもの!

だからこそ、一緒に感動したり悩んだり、考えることでそれぞれの感性が育まれていきます。

そして、その結果、このこどもなりの答えが自然とみつかっていくものです。

なので、どう答えて良いのか悩んでいる、とう場合は、こどもと一緒にバルーンアートを「やってみる」ということが大切。

バルーンアートが下手でも良いので、とにかくその姿勢を大切に取り組むことが重要です。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ