バルーンアートは右脳を鍛えることもできる脳トレーニング


高齢者の脳トレーニングにおすすめ!!

バルーンアートで思考能力を高めさせるには?

 

「バルーンアートを作る」という行為は、高齢者や子供の創造力・集中力・アイディア力などを高めるのに役立てることができます。

簡単な作品を作る工程のなかにも、様々な創意工夫をするので、バルーンアートは子育てにも最適なのです。

バルーンアートにはまって、資格取得を目指す子供もいます。

1つのことを極めて、資格取得というゴールに達したときには、ものすごい達成感を感じられることでしょう。

初心者の大人の方でも問題なく始めることができますので、子供と一緒にバルーンアートを習ってみるのも良いですね。

子育てには予想外の出来事がつきものです

 

実は、子育てとは、とても難しいものです。

特に、予想外の出来事が起こってしまったときには、パニックになってしまう親も多いのではないでしょうか。

そして、子育てに自信を無くしてしまい、悪循環となってしまう親も多いと聞きます。

確かに、インターネットで調べれば、様々な子育ての情報を仕入れることができます。

また、書店に行けば、数々の子育て本が出版されていることがわかります。

世の中には、大量なほどに子育てについての情報が溢れているのにも係らず、ほとんどの親は子育てについて日々悩み、不安を抱えているのです。

いくら、ネットや本で子育てについての情報を仕入れたとしても、それで得た情報の多くは、予測できる出来事にしか対応させることができません。

予想外な出来事であればあるほど、それを経験している人も少ないため、それに対する対応法はなかなか見つけることができないのです。

では、子育てに自信を持つにはどうすれば良いのか?

私は、「子育ての基礎についての勉強をするべき」だと考えています。

やはり何事も基礎が大切ですね。

基礎ができていてこそ、予想外な出来事にも対応することができるのです。

そして、夢くらふと協会では、子育てしながらバルーンアートを楽しむ方法を紹介しています。

このようなバルーンアートの活用法の本もあります!

例えば、「思考能力を高めさせる方法」なども書かれています。

風船を使い「簡単なごっこ遊びをすることで脳を鍛えさせることができる」など、子育てとバルーンアートについてわかりやすく解説しています。

バルーンアートを作り上げることで、予想外の出来事にも対応する柔軟な思考が身に付きます。

くわえて子育てやバルーンアート、そのものに自信を持つことができますよ。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

簡単一日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子ども資格 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ