バルーンアートでかけがえのない思い出に残る文化祭にしょう


学園祭をバージョンアップ

文化祭が盛り上がるバルーン

 

ちょうど季節は、学園祭のシーズンになります!

秋はバルーンアートの仕事の依頼が、どんどんと増えていったりしますね!

また、音楽祭や展覧会のシーズンにバルーンアートは最適!

学生時代に皆と一緒に何かを作り上げたり、チャレンジしたりした経験は一生モノの宝物ですね。

今年の文化祭では、バルーン装飾にチャレンジしてはいかがでしょう?

バルーンの魅力は、簡単に作れる事となんといってもその迫力です。

あざやかに彩色に彩られたバルーン

カラフルで大きな作品は文化祭を大いに盛り上げる

 

大きなバルーン作品の制作には大人数が必要です。

正に学校の文化祭向けと言えます。

バルーン製作の経験者をアドバイザーにつければ、初心者でも簡単にバルーンの作品を作る事が出来ます。

文化祭は準備が大切です。

それはバルーン制作でも同じ事が言えます。

大きな作品を作る際には、実際の大きさを縮図にして設計図を書いたり、作品を置くスペースを正確に測っておいたりする事をお勧めします。

実物を作ってから「こんなはずではなかった」という事を未然に防ぎましょう。

大きさだけでなく、制作にかかる時間や人数の配分も大切な要素になります。

これも設計図を基に、どれくらいの大きさで、何個必要なのか。

一人単位時間当たり作れる個数から全体で、どれ位の時間(日数)が必要なのかを計算しておくと良いでしょう。

文化祭のために無理なスケジュールになり、本来の勉強に割ける時間が減っては本末転倒です。

バルーン制作は簡単に見えて始めてみると意外な壁に突き当たる事もあります。

そんな時はバルーンアーティストの資格を持った講師に質問しても良いでしょう。

専門知識を持ったバルーンアーティストなら初心者の方へ適格なアドバイスをしてくれるはずです。

文化祭が終わったら、制作した作品の撤収作業です。

ここでもバルーンの特徴が活かされますね。

バルーンで作った作品は割るか、空気を抜いてしまえば嵩のあるゴミは殆ど出ません。

空気の抜けたバルーンの残骸は燃えないゴミとして各自治体のルールに従って処理しましょう。

嵩のないバルーンはエコな一面も持つアート作品なのです。

 

バルーンアート夢くらふと協会 HP

おすすめ1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト認定資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ