あすろーど大和まつりで歌とバルーンアートのステージショー


バルーンアートでこの瞬間を生きる


祭りをドンドン盛り上げていくバルーン

 

神奈川県大和市(あすろーど大和まつり)で歌とバルーンアートのショーをさせていただきました。

ご来場いただいた方にはバルーンアートのプレゼントもしました!

みんな笑顔で暖かく楽しんでくださいました!

お客様や大和商工会議所の皆様ありがとうございました。

夢くらふと協会の理念は、「観客に夢と喜びを分け与えること」です。

これは、バルーンアートを鑑賞する方、バルーンアートを貰う方を笑顔にする、ということも含まれています。

夢くらふと協会では、「バルーンアートをつくるバルーンアーティスト自身が、その活動に夢と喜びを抱くこと」
が、貴重なことだとみなしています。

観客の喜び、ハッピーフェイスがアーティストのやり甲斐、沢山の人とコミュニケーションをとりつつ、

ハッピーフェイスと間近で触れ合うことが出来るため、こうした「作り手の喜び」を強く実感できるのも、バルーンアートの大きな魅力です。

ホビーとして、子育てとして、生き甲斐として、キャリアとして・・・。

バルーンアートをどんどん普及させ、共により素晴らしい作品、ウキウキする作品を創作していきたい、というのが私の願いです。

私たち「夢くらふと協会」では、新しい活用法でバルーン廃材を利用したクラフト作成を行っています。

価値を創造しリサイクルなどの技術の発明を指しエコ活動に、積極的に参加しています。

バルーンアートを通してみんなをスマイルにする事は、幸福を創る事に似ていませんか?

小さなバルーンが膨らんで、ひとつに繋がって、いろいろな形に変化させるというパフォーマンスで、いかに観客を魅了できるか?

やり甲斐だけでなく、常に好奇心と研究熱心さが必要とされます。

好奇心や研究熱心さがなければ、優れたバルーンアーティストにはなれないでしょう。

それほど、バルーンアートと好奇心は切っても切れない関係なのです。

とはいえ、好奇心だけでも、バルーンアーティストにはなれません。

最新で珍しいバルーンアートを披露したとしても、もしそれを見た観客がハッピーにならなければ、それはただの自己満足に過ぎないのです。

サービス精神がなければ優れたパフォーマンス、優れたバルーンアートは創作できません。

バルーンアートは、年齢も性別も、一切関係ありません。

ちゃちゃっとシンプルな作品を生み出し、プレゼントするだけで、誰とでも仲良くなれるんです。

夢くらふと協会 HP

Facebook

1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズバルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ