和歌山県の現役大学生がバルーンアート認定資格講座を受講しました


営業マンはハートウォーミング

バルーンアートで好印象を持ってもらう

 

和歌山県在住の男性は、関西からはるばる関東まで来た際に「受講しよう」と一念発起。

友人宅に泊めてもらい、久しぶりの再会に会話も弾み、
東京観光もできて、たくさんの刺激を受けた中での受講だったそうです。

卒業後の進路は、営業の仕事に就職が決まったのが“きっかけ”だったとのこと。

まずは「就職内定おめでとうございます!」

新入社員の入社式もシーズン的にニュースでも聞く頃ですが、身近では頻繁に聞けるお話ではないのでうれしい限りです。

平成30年(2018年)は会社が新卒を積極的に採用する「売り手市場」と言っていました。

今年は就職活動の学生たちは楽観的で「就活は大丈夫」なんて余裕の声もあるようです!

東京オリンピックに向け景気が盛り上がり上がって、経済効果は拡大しているのかもしれませんね!

遠方からバルーンアート講座に受講された動機

講座の受講生は内定が決まった会社の営業担当者として勤務予定です。

営業の販売促進や会話のきっかけとして「お客様のお子様向けにバルーンアートをプレゼントしたい。」

初対面の「子どもたちが笑顔になってくれることで、少しでも親近感を持ってもらいたい。」と想いもお持ちでした。

とってもさわやかな青年で真摯に傾聴してくれた生徒さんでもありました。

10年前、観光旅行で那智の滝(熊野那智大社)や南紀勝浦温泉のホテルに宿泊した事を思い出して「和歌山は気候も温暖でいい所、また四国旅行に行きたい~」とおしゃべりしたり楽しい雰囲気でした。

これからの彼の将来にもバルーンが彩りというギフトとなり、彼にたくさんのものを与えてくれるものと思います。

入社先の会社でもがんばってくださいね!!

短期一日(六時間)バルーンアート認定資格講座

子供の資格(三時間)キッズバルーンアーティスト

お孫さんと一緒にバルーンアート資格取得


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

全米5部門1位の洋書に掲載

動画でバルーンアート資格取得

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

日本郵政 年賀状のCM出演


このページのTOPへ