幻想的なネオン風船 夜に輝くブラックライトのバルーン


ビックな風船のナイトイルージョン

インパクトのあるオープニングセレモニー

 

最近ではブラックライトで、光るイルミネーション風のバルーンもあります。

ロマンティックに夜を彩ることや暗いevent会場でも、スポットライトみたいに見た目の工夫がされワンポイントになります。

さらに、風船に関連して、バルーンの優れたPR広告についてご紹介します。

青空にふんわりと浮かぶアドバルーン!

 

プレミアム キャンペーンにバルーン宣伝

 

バルーン広告は、遠い場所からでもアイキャッチャーとなる、商業施設の開店などで活用されるアドバルーン。

開会式のデモンストレーションを検討するなら、ひときわ目立つ、ビジュアル広告はいかがでしょうか?

また、色々あるアドバルーンは、屋外用の宣伝として誕生しました。

大きなアドバルーンをデパートやバザール会場の上へ上げて、遠く市外から来訪者を招き入れるということが目的でした。

さらに、東京など都会の高層化にともない、夜のネオンサインや大きな屋上の看板に変わりました。

ショッピングモールやイベントなどの展示会が多くなって、徐々にアドバルーンの出番が少なくなりました。

郊外型のフェスタはアドバルーンを目印にして、自家用車の道しるべにできます。

野球の球場やサッカーなどビッグな会場では、二階からも見ることが出来るアドバルーンは誘導できるサインにもなります。

ここ数年では商業施設には、アトリウムや癒しのスペースパティオがあることが多くなりました。

加えて、小型のアドバルーンがアイキャッチャーになります。

また、デザインやラインナップも豊富で、球体にキャッチコピーのCMを描き様々な形を作れます。

記念式典やシーズンのイベントに合わせたものから、テレビで話題のキャラクターまで、ユニークな形で作ることが可能です。

ヒモやポールに繋げたモニュメントとしてアピールすることもできます。

アドバルーンは当日の天候を見て、あげる時の使用の注意点を守って広告してください。

 

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

キッズ向け子どもバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ