八朔祭でバルーンアーティストは大きな帽子でギター演奏


バルーンアートの帽子がアクセント

つるしの豪華な屋台とお囃子の演奏競演

 

山梨県都留市で開催された八朔祭(はっさくまつり)に伺いました。

バルーンアーティストも夏らしい甚平にバルーンハットをかぶり、歌手のギター演奏で音楽イベントを盛り上げました。

秋の風物詩のお祭りでは、江戸の衣装で約130人の大名行列の行進がありました。

大きな屋台や大名行列を楽しみに多くの観光客が訪れます。

毎年恒例のふるさと祭りとして地域で受け継がれています。

夜には花火、楽器演奏&歌と大変に賑やかなお祭りでした。

バルーンハットって?

 

一口で説明すると、風船でできたの帽子です。

バルーンアートをどこかで見たことはありますか?

細長い風船をふくらませて曲げたり、ねじったりして、うさぎや犬などの動物やキャラクターを創るパフォーマンスです。

最近では、TVやテーマパークなどで実際に目にされた方も多いでしょう。

メインの仕事内容は、バルーンアート教室、パフォーマンスの舞台出演、グリーデングなどのバルーンアートの配布。

ブライダルや大型商業施設の装飾作り、バルーンアートの販売など多方面にわたってます。

加えて、どんなイベントでも、マッチングできてしまうバルーンアート!

カラーが鮮やかなので、夜のイベントも目を引きます。

参加者にバルーンアートを手渡すとピースサインで、笑いを誘いみんながコミカルな気分になります。

イベントの参加者の中には、バルーンアートの体験教室に参加してみたことがあるとか、趣味で取り組んでいるといった方は時々に見受けられますね。

用意するのはポンプとバルーンだけという、シンプルで簡単に始められるのも特徴ですね。

なにより、みんながバルーンアートで喜ぶから嬉しくて~

みんなが笑顔でいる事で、いつも楽しくいられますよね。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

キッズ向け子どもバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ