バルーンドレスでハロウィンパーティーをひときわ華やかでキュート


ショーウインドーはハロウィン一色

年に一度のハロウィンパーティーを楽しもう!

 

ハロウィンのバルーンドレスで、素敵なサプライズパーティー!

お子さんと一緒にバルーンアートでホームパーティー。

ディスプレイとして、暮らしに取り入れると部屋も一気にハロウィン気分がアップします。

リビングの壁に飾る「ガーランド」をアクセントにパーティーの空間デコレーション!

バルーン&ガーランドをアレンジしたゴージャスで、インパクトのある装飾演出ができます。

アイデア次第で、かわいいバルーンアートの飾り付けすると、とっても素敵で豪華な自宅サロンみたいになりますよ。

子どもに、かけがえのない思い出に残せるように・・・・

黒とオレンジのカラーを使い、季節のテーマに合わせハロウィンパーティー用にバルーンドレスを作ればさらに、特別な記念日みたいに、ハッピーな感動を残せます。

バルーンドレスは手作りのプレゼントとして、心のこもったキュートな衣装になります。

さらに、意外性のある演出が可能で、プロのバルーンアーティストだからできる、ハンドメイドのオリジナルバルーンドレスです。

レッツエンジョイ!バルーンハロウィン

 

国内でもハロウィンは毎年、定番のイベントですよね!

ハロウィンの由来って?と思った事ないですか?

10月31日に仮装して、パレードを行なってお菓子をもらう印象があるのですが・・・・

実を言うと秋の収穫祭を祝うお祭りだったんです。

実りの秋の収穫をお祝いして、悪霊を追いはらう宗教的なお祭りでした。

今では宗教的な趣旨は無く、とりわけアメリカで人気の恒例行事でしょう。

カボチャの中をくり抜いてデコレーション、夜にはあかりを灯し飾ります。

子ども達がハロウィーンに合わせたコスチュームを着てお菓子を近所にもらいに行くが定番になります。

日本では、かぼちゃをディスプレイをして、自宅に飾れば部屋もたちまちハロウィン気分が高まります。

 

バルーンアート 夢くらふと協会 HP

初心者向け1日でバルーンアート資格取得

子ども資格 キッズバルーンアーティスト


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ